癒しの空間でヒプノダイエットしませんか? 本文へジャンプ
Home About・Me 自立訓練法について HypnoDiet講座 お問い合わせ



食事について

食事制限について
 基本的に、ヒプノダイエットには食事制限は不要です。
それは、特殊暗示文に、食事制限を盛り込むから、日常生活において自分の意思で制限する必要がないからです。

 しかし、健康的にダイエットするためには、食事に関する正しい知識は必要です。
「癒しの空間」では、中国の古典哲学に基づいた食事法(漢方・中医学)を基本としまが、最近の医学会でも、徐々にではありますが、だんだんとその傾向が強くなって来ているようです。
 とくに、医学会で最近問題となっているのが「糖質」の過剰摂取です。いわゆる「グリケーション(糖化蛋白によるAGEsの生成)」です。
 気功・中医学には昔から、体を柔らかく保つ技術として「穀断ち」があります。いわゆる、五穀断ち、十穀断ちです。
 日本人は、西洋人や中国人に比べ、食事に糖の摂取を取り入れるのが遅かったので、糖の過剰摂取に特別弱い人種なのです。(日本人は農耕民族であるということを平気で唱える人がいますが、大嘘です。)
 日本人が、三内丸山遺跡で、鹿やイノシシの狩りをしていた頃、ローマを始め、ヨーロッパの主要都市では、すでにパン屋さんが、毎朝、焼きたてのパンを売っていたのです。つまり、日本人が米を栽培し始めたのは仏教が伝来したついこの間のことなのです。また、この頃から、貴族を中心に一日に三食の習慣も広まったのです。糖を中心とした食事をすると、血糖値が下がり始めたとき、脳が不安を感じ、「早く血糖値を上げなさい」と猛烈な「信号」を発するのです。
 似たような「信号」は胃と腸が空っぽになったときにも発せられますが、我慢すれば抑えることが出来ます。
しかし、脳が発する「お腹が空いた〜」の信号はとても抑えることが出来ないことは、皆さん、よくご存じのことでしょう。
 糖質は体を冷やすたしかに、健康指導者や長生きの記録を残した人は間違いなく二食ですし、糖質も多くは取りません。朝は食べないか、軽くお茶やジュース程度です。また長寿者は小食でもあります。糖質の大食いは長生きできません。
 
 その他にも、下記の出版物はとても参考になります。
肉食ダイエット―肥満外来の名医がすすめる-荒木裕・著-現代書林
〇「うつ」は炭水化物をやめれば薬なしでよくなる  荒木 裕 (著), 荒木 里 (著), 本多 裕里 (著) -現代書林-
〇主食をやめると健康になる ー 糖質制限食で体質が変わる! 江部 康二 (著)-ダイヤモンド社-
〇日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる 渡辺 信幸 (著) -講談社+α新書-

○『奇跡が起こる半日断食-朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治  っている! 』甲田 光雄 【著】-ビタミン文庫
○『断食・小食健康法』甲田光雄【著】-春秋社
○『『朝食有害説-「一日二食」で健康に生きる』渡辺 正【著】- 情報センター出版局
○からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て』大森一慧【著】-サンマーク出版。

朝食について
ティファニーで朝食は必要? 昔から朝食は摂りなさいと言われてきましたが、朝食は摂るべきなのでしょうか。
Wikipediaによると、日本では、20歳代の男性では3人に1人、女性では5人に1人が朝食抜きと言われているようです。
以前は、一日の活動を始めるための大事なエネルギーを供給する食事として朝食を取ることを薦めている医師や栄養学者が多かったが、最近では取らない方がよいと主張する医師なども多く存在するようです。

 朝起きてから実際に活動に適した体温上昇までに、若干の間があり、この体温上昇を促すエネルギーは、現代人は肥満するほど十分に蓄えてあるので不要であるとの考えが正しいようです。
また、消化器官が活発に活動していない時間帯に食事を取ることは、消化器官に負担をかける、血液が消化器官に集中してしまい活動が鈍る、その結果、腎臓への血流が悪くなり、夜間に溜まった前日の毒物排泄作用を阻害するので美容にもよくないともいわれています。

 朝食を摂らないことに対しての朝食推進派の言い分は、血糖値が上がらない、体温が上がらない、排便ができないなど主張しますが、血糖値が上がらないことに対しては、肝臓でのグリコーゲンの分解が不十分であるからであり、これは習慣的に朝食を抜くことによって肝臓から補給できるように身体が順応していくそうです。血糖値の上昇は、脳の働きを高めるために必要なのですが、血糖値を上げるには、緊張感で意識を集中させ、副腎皮質からのコルチゾルを分泌させ、交感神経系を緊張させることで肝臓でのグリコーゲンを分解して血液中に糖分を送り出せはよいので、午前中にこうした交感神経系の緊張がより高まることは、基礎代謝を上げることでもあり、一日の活動リズムを作るうえで大切なことなのです。
 
 逆に、朝食を摂れば自動的に血糖値が上がってくれるので、体は楽をしていても良く、緊張感はなくなり、午前中から極楽気分です。これが大部分の人類が朝食を摂ることになっている本当の原因のようです。
朝食推進派の本音もここにあるのではないでしょうか。

 食べることで血糖値を上げておくことは、飢餓と直面してきた人類(の脳)にとって何者にも変えがたい安心感なのです。(実は、これが食欲を抑えられない原因でもあります。)
 食べられるときに食べておけ、という要求が身体(実は脳)から生まれてくるのは、肥満の原因と同じでもありますが、近年の社会環境の厳しさに原因がありそうです。食べることは副交感神経が司っているわけですから、一時的ではあってもリラックスを得ることが出来るのです。肥満が健康に良くないのと同様に、身体の要求に素直に従っていれば、現代において健康を保てるということは残念ながらあり得ません。朝食否定派が主張するように本当に朝食は必要なのかと考えていくと、必要とする根拠は、「リラックスが得られる」ということ意外無いようです。

 つまり、自律訓練法などで、リラックスを得ることが出来る人にとって「朝食は必要ない」ということになりますし、基礎代謝が上がることにより、ダイエット効果もあり一石二鳥のようです。

食品の 陰・陽 について (冷えは大敵)

 漢方・中医学では、2000年以前から、食べると体を温める食物を「陽性食品」、逆に体を冷やす食物を「陰性食品」として、病気の治療や健康の増進に利用してきました。
 桜沢如一氏・久司道夫氏の提唱する「マクロビオティック」も、ほぼ同じ理論です。ただ、日本という 特殊な食環境の中で「糖質の取りすぎは体に悪い」という、中医学では基礎的な部分をあまり重視していないようです。そもそも、「穀断ち」食品の陰・陽事体が、日本ではあまり重要視されていない感があります。体を冷やす原因が「米」にあることすら知らない東洋医学の専門家?もおられるようです。

 ダイエットに冷えは大敵です。冷え=血流不全であり、酸素が供給されないため、脂肪が燃えません。冷えの解消は、食材の択びかたと陰と陽の食材バランスで決まります。腸の冷えは腸内細菌のバランスも乱れ、腸そのものが汚れてしまいます。血液も食べ物の変化したものです。生命活動を司る酵素も腸や肝臓で作られます。汚れた腸は、老化と退化を確実に早めます。年齢と共に体温は下がりますので36.5℃の体温維持がダイエットの秘訣です。現代日本人の食生活を見ると、体を冷やす食べ物、特に糖質を取り過ぎていることは明らかでです。

陽性食品

野菜他 蓮根 ゆりね ごぼう じねんしょ(天然山芋) かぶ しょうがにんにく たまねぎ(甘玉ねぎは陰性)、にんじん(品種改良された甘いにんじんは陰性が強い)、朝鮮人参 かぼちゃ ねぎ あさつき にら 水菜 春菊 みつば ちしゃ サラダ菜 小松菜(うぐいす菜) ウド 芹 からし菜 くわい紫蘇(青・紫) ふき キャベツ ごぼう 蓮根 のびる
果物他 リンゴ 桃 栗 梅 ざくろ くるみ なつめ サクランボ アンズ プルーン レイシ 黒加倫 竜眼 きんかん ピーナッツ
穀物他 そら豆 いんげん豆 ひえ あわ きび そば ごま(白・黒・金)
魚介肉類 あじ いわし きびなご さんま さば ぶり たい ふぐ あなご ふな えび かますご どじょう わかさぎ なまこ くじら鶏肉 牛肉 鹿肉 羊肉 牛・豚・鳥の肝臓・胃袋・腸 うなぎ
海草類 陰陽どちらにも属さない中庸食品が多い
調味料 自然塩(極陽) 本醸造醤油 魚醤 味噌 黒酢 本醸造酢 本醸造みりん ごま油 黒砂糖 水あめ ゆず わさび ブラックペッパー マスタード シナモン ナツメグ ローリエ パプリカ 唐辛子(香辛料を陰とする説もあるがカプサイシンの作用でここでは陽とします。) 天然いりこ粉末
飲み物 (なるべく温かくして飲みます。) 黒米茶 紅茶 ほうじ茶 中国茶 ハーブ茶 はぶ茶 クコ茶 よもぎ茶 生姜湯 熱いきんかんジュース 他薬草湯 ココア 生乳を発酵させた濃い色のヨーグルト(日本では脱脂粉乳で造られるので入手困難です。) 日本酒 焼酎湯割り 紹興酒 赤ワイン 他薬用酒
その他 黄な粉 はったい粉 塩辛 無添加佃煮 無添加明太子 梅干沢庵 他無添加漬物類 天日干切干大根 色濃チーズ おこげご飯 イカ墨 こうじ 酒粕 納豆 卵 黒五 本くず粉(眼圧に注意) ビタミンE


陰性食品

野菜他 レタス アスパラガス アロエ セロリ ピーマン ケール 茄子 きゅうりもやし ほうれん草 他夏野菜
果物他 バナナ レモン キウイ メロン マンゴー パパイヤ グレープフルーツザボン スイカ 他南方の果物 みかん 梨 柿 すもも いちご トマトうりまくわうり いちじく 生きのこ(陸の植物で最も陰性)
穀物他 トウモロコシ 米(特にもち米) 麦 じゃがいも
魚介肉類 くらげ あわび 牡蠣(かき) はまぐり あさり しじみ うに かに タコスッポン 鴨肉 馬肉 牛・豚の腎臓 
海草類 のり 寒天 昆布・根昆布・粉末(ヨードが多いので甲状腺の弱い人は摂り過ぎに注意)
調味料 白砂糖(極陰) 速成の醤油 合成酢 合成甘味料 化学調味料 化学添加物 バター マヨネーズ 胡椒類
飲み物 牛乳(極陰) 白いヨーグルト 豆乳 果実ジュース類 サイダー コーラアイスクリーム かき氷 氷菓子 青汁 コーヒー・缶コーヒー 緑茶 ウーロン茶 ウコン茶 ギムネマ茶 どくだみ茶 すぎな茶 ウイスキービール 
その他 添加物の多い(練り物・ハム・ソーセージ・明太子・珍味類・漬物・速成佃煮) 豆腐 菓子類 ケーキ カレー 菓子パン精白食パン(マーガリン植物油脂と表示してあるものは避ける) うどん タバコ ビタミンC 化学薬品 便秘薬


中性食品

野菜他 さと芋 さつま芋 山芋 大和芋 ブロッコリー こんにゃく 大根 白菜らっきょう 干しきのこ ぶどう びわ 干し柿
穀物他 玄米 白米 裸麦 大麦 大豆 黒豆 えんどう豆 ささげ エジプト豆他種子類
魚介肉類 太刀魚 鯉 いか ひらめ ます 牛・豚・鳥の心臓
その他 蜂蜜 ひじき わかめ ほとんどの海草類 生揚げ 柿の葉茶


塩分の制限しすぎ

 筋肉が動くためには ナトリュウム や カリュウム が必要ですが、これらはやはり毎日排出してしまいますから, その分を補う必要があります。

 人間を含めた動物は本当に体内の塩分が足りなくなると、脳からの筋肉へ指令信号が送れなくなるそうで、筋肉が痙攣を起こし動けなくなります。マラソンなどに代表される汗をたくさんかくスポーツ選手が、途中で倒れたり、動けなくなってしまう原因は、脱水による塩分不足や体中に塩分が回らなくなることにあるのだそうです。スポーツドリンクの成分には必ず塩が含まれています。

塩分には体を温める作用があります。化学的合成した食塩は問題ですが、体内に必要な鉄、亜鉛、マグネシウムなど、約百種類のミネラルを含む自然塩は、健康にいいことはあっても悪いはずはありません。

緑・黄色野菜/海草類を食べましょう

 植物は、地球上に動物がいなくても生きていけますが、動物は植物がなければ生きて行けません。人間は400万年の間、肉食動物として、猛獣たちの食べ残しを漁る生活をしていましたが、火を使うことを覚えてからは逆にビタミン不足となり(生肉はビタミンが豊富なので野菜を食べなくとも生きて行ける)焼いた肉と一緒に、植物の成分を身に摂りいれることで生きてきました。
牛は、草だけ食べて、あのように高級たんぱく質の塊となります。
肉食獣のライオンは、必ず草食の動物を獲物として食べることで、その成分を摂取するのです。

 年齢の割りに老けて見られる人は、AGEsの蓄積はもちろんですが、緑黄色野菜に含まれるカロテノイドが少ない人だそうです。緑黄色野菜の不足で起きることは、シミ・シワ・くすみなどの肌トラブルや肩こり、髪の衰え、メタボリックシンドローム、肥満などが考えられるそうです。
 カロテノイドが少ないと、DNAのテロメアが短くなり、体がどんどん老けていきます。テロメアとは、DNAの一部で、寿命や若さをコントロールする部分です。命のろうそくともいわれています。テロメアは年をとるにつれて、短くなります。ある論文によると、活性酸素がテロメアを短くするといっています。抗酸化作用を持つ緑黄色野菜のカロテノイドで若さを保ちましょう。
 野菜が必要甘いにんじん(品種改良)は逆に体を冷やす柿などの果物は体を冷やす
 最近、「埼玉県立がんセンター・臨床腫瘍(しゅよう)研究所(川尻要専門員)らのグループは、緑黄色野菜に多く含まれるインドール化合物が大腸がんの発生を抑制する仕組みを解明、米科学アカデミー紀要電子版に発表した」との報道がされました。

水飲み健康法の間違い

 「水飲み健康法」といって一日2リットルの水を飲むと老廃物が排泄され血液がサラサラになって健康になるという説がありますが、大変な間違いのようです。人間の体の中の水分には「細胞内液」と「細胞外液」があり、水分のがぶ飲みは「細胞外液」のみを増やし、「水毒」と呼ばれる症状、つまり体の冷えを促進し、 頭痛、浮腫、めまい、鼻炎、喘息、皮膚炎、肥満、食欲不振、下痢、神経痛、リウマチ、冷え性、自律神経失調などの原因となると、東洋医学では説いています。

水飲み健康法の害 日本は中国の江南地方とおなじく湿度が高い国ですが、湿度が高い地域に住んでいると、空気中に含まれる水分が体内に入ります。この外にある湿気(外湿)に長期間されされると、体内に余分な水分(内湿)がたまります。東洋医学において内湿は脾胃(胃腸)を損ねます。その結果日本人には胃腸の弱い人が多いのですが、そのような胃腸の弱い人が、健康のためにと水を大量に飲んでしまうと、さらに体内に湿がたまることになります。結果としてさらに胃腸が弱り、身体とこころの調子に不調をきたします。

 水飲み健康法は、カリフォルニアのように、一年に五日しか雨の降らない、乾燥した地域では適した健康法です。水のみ健康法を日本人が行うのなら、胃腸が強靭であることが条件となります。もちろん、喉が渇いていないのに水を飲む必要はありません。水を飲む量を増やすよりもむしろ、身体を動かして下半身に溜まった細胞外液を排出しましょう。そちらのほうがあなたの身体を健康にしてくれます。
それに、摂取水分量は他の食べ物からも(飲み物ではない)意外と取っているそうです。


癒しの空間でHypnoDietしま専科