本文へジャンプ
Home About・Me 食事について HypnoDiet講座 お問い合わせ



癒しの空間で行うヒプノダイエットは、自律訓練法を基本とします


自律訓練法とは

自律訓練法とは、自己暗示を利用したリラクセーション(緊張緩和)の一つの方法で、ドイツの神経科医 ヨハネス・ハインリッヒ・シュルツ教授が1932年に考案したとされています。

 J.H.シュルツは催眠に誘導された人が腕や脚に重たさや温かさを感じることに注目し、その感覚を自己暗示により生じさせ、自ら催眠状態をつくることを考案したのです。
 
 自律訓練法に慣れてくると、誰でも・いつでも・どこででもできるようになるので、今日では、日常生活の多様な場面で行うことのできるセルフコントロール法の一つされています。

 これにより、精神生活の向上・不快感の解消・生理的活動の正常化などをもたらす事ができ、医療上は、各種の心身症(ストレスから身体的な症状のでる病気)の治療に応用されています。
 
 自己催眠は、自分を眠らせる手法ではなく、心と体を自己暗示によって、ストレスや緊張から解きほぐし、 リラックスさせる方法なのです。 ストレスで交感神経が高ぶっている状態から、副交感神経の働くリラックスし た状態を自己暗示によって作り出すことが訓練の目的ですから、リキんでムキになって行うと、逆効果になります。

色々な、不快な症状をなくすために行うと言うよりも、リラックスすることにより、副交感神経が優位になり、不快な症状が軽減すると考えた方が良いでしょう。
 
 絶え間ないストレスや緊張は、脳の視床下部を通じて自律神経 のアンバランスな状態を引き起こし、その結果、神経系、内分泌系、免疫系のバランスを崩してしまいます。
 
 これに対して、自律訓練法は、ストレス耐性を高め、神経系を休め、内分泌系のバランスを取り戻し、免疫系を強化します。


 暗示を利用して、「精神生活の向上・不快感の解消・生理的活動の正常化などをもたらす」わけですから、ヒプノセラピー(催眠療法)の一種でもあるわけですが、一般的なヒプノセラピーとの大きな違いは、自分の症状に合った暗示文を、自分で作成し、自分に暗示をかけるという安心感です。自分で処方できる一番安心できる薬であるといえるでしょう。

 もちろん、「癒しの空間」では、過去の実績に基づき、最も効果的な暗示文の雛形を提供し、ご納得いただく暗示文作成のお手伝いをいたします。



自律訓練法の基本

自律訓練法は、自己暗示・自己催眠の方法として、世界中でもっとも普及している方法の一つで、最も一般的な自律訓練法は、次の7つの公式で構成されています。

  • 背景公式:気持ちがとても落ち着いている。
  • 第1公式:手足が重い。
  • 第2公式:手足が暖かい。
  • 第3公式:心臓が静かに打っている。
  • 第4公式:呼吸が楽になっている。
  • 第5公式:お腹が暖かい。
  • 第6公式:額が涼しい。

これらの公式を順に心の中で繰り返し唱え、自己催眠状態になっていきます。

 
律訓練法は、基本訓練だけでも、疲労回復、ストレス緩和、仕事や勉強の能率向上、抑鬱(よくうつ)や不安の軽減などの効果がありますが、その後に、特殊公式と呼ばれる効果的な暗示文を加えることで、ダイエットや、禁煙、性格改善などに著しい効果があります。



特殊公式の基本

 特殊公式とは、一人ひとりの、心や体の状態に合わせてて作成する、いわばオーダーメイドの「言語公式」です。効果を確実にあげるために6の基本原則があります。
1.言葉は短く
2.肯定文で
3.印象深く
4.リズミカルに
5.韻を含んでいること
6.現在形であること


効果的な練習法

 最も効果的な練習法は、最初に「他者による催眠誘導」を使うことです。
自律訓練法は、参考書などにより独習も可能ですが、効果をあげるまでに3ヶ月前後かかります。
また、成功率(完全習得率)も20%前後といわれています。
 
 もちろん、個人差もありますが、原因は、被験者としての催眠経験がないため、第一公式や第二公式の、手足の感覚を実感できないうちに、根気が尽きて、飽きてしまうからです。
最初に、他者催眠を施術することで、手足の感覚はしっかりと身につきますから、基本公式を覚える手間が省けるのです。
すぐに、特殊公式の作成と練習に入れるため、ダイエット目的の場合は、1週間後には、早くも効果が実感できます。





おわりに

 自律訓練法は、熟練した催眠療法士の指導の下に、きちんとトレーニングすれば、必ず効果があるという優れもので、一生の財産でもあります。 このことは、私自身が40年前に体験して立証済みです。
毎日毎日の積み重ねは、心と体にとても良い効果をもたらします。癒しの空間で、2回ほどトレーニングを受けるほかは、特に、時間や費用もかかりません。
気長に、継続してやれる心の体操であるといえるでしょう。